山の情報源

無料ブログはココログ

« ウチの家族 | トップページ | 槙尾山→清水ノ滝 山行日記 後編 »

2012年7月27日 (金)

槙尾山→清水ノ滝 山行日記 前編

ここの所猛暑日が続いており、熱中症で数人の犠牲者が出ているそうです。
水分補給、塩分補給を行い熱中症に気を付けないといけませんね
(*^-^)

久しぶりの更新となってしまいました…。
が、マイペースながらも息長く続けていきたいと思っておりますので、
今後ともよろしくお願い致します
m(_ _)m

先日の日曜日、自然散策と癒しを兼ねて、
私の住んでいる和泉市内にある
槙尾山と和泉山系指折りの滝といわれる、
清水ノ滝(きよずのたき)を見に、独りハイキングに出かけましたので、
その時のことを、書かせていただきます

今回の山行ルートは…


このようなループコースを取りました(o^-^o)

約6キロ、4時間ほどのハイキングです。

まず、槙尾山についてですが、西国33か所の第4番札所”施福寺”がある
標高600mの低山で、山頂に向かう道は整備されていないため、
踏み跡と木にかかったテープなどを目印に向かうこととなります。

山頂からの展望は大阪方面にだけしかないこともあり、
当日も僕一人だけでした…
(;ω;)

まずは、山に登る前にお寺にお参りをします。
お寺まではたくさんの人が午前中ということもありいらっしゃいました。

P72214251
↑山門です。奥のほうに参拝の方々がいらっしゃいます。
 槙尾山は木々が多く陰が多いため、涼しかったです。

P72214341
↑施福寺です。まずはお参りをさせていただきました。

このお寺から、本題の登山が始まるわけですが最短ルートをたどると、
なかなかの急勾配を登ることになります…。
また、道中踏み跡とテープなどを頼りに進むことになりますが、

比較的踏み跡が明瞭
なので、迷いづらいとは思いますが、
山へ行くときは必ずコンパスと地図を持っていきましょう!!

P72214461 P72214601
↑ちなみにこのような勾配です…黄色い札には”捨身ヶ岳”と書かれています。槙尾山の別名です。

急勾配と格闘すること約30分山頂に到着!
P72214831
↑山頂には札が掛けられています。よくある光景ですが…。

P72214881
↑山頂には誰もいません…青いザックは僕の荷物です

山頂でカロリーメイトを食べてゆっくりくつろいで、自然を満喫しました!
大阪とは思えない自然の豊かさに身も心も洗われました!
標高は高くありませんが、ほどほどの難度もあり登り甲斐のある山だと思いますよ(*゚▽゚)ノ

近くの有名な山に比べて人は少ないですが、人気のある低山です。
是非、自然を独り占めしに登ってみてくださいね☆

次回は後半、山頂から清水ノ滝編をお届けしようと思います!

« ウチの家族 | トップページ | 槙尾山→清水ノ滝 山行日記 後編 »

コメント

お邪魔します。

ハイキング道と言うより本格山歩きの
其れこそマタギさんにヒョッコリ出会いそうな
ルートですね。

日帰りハイキングコースとしては穴場ですね、
施福寺さんの山門参道の苔むした景色
雰囲気が良く伝わります。

近所の小父チャン様

おはようございます!

コメント頂き恐縮です。
写真だけ見るとそんな感じなんですが、標高600メートルの低い山です(笑)
ただ、おっしゃるようにハイキングコースとしてはかなり穴場で、
自然を独り占めできるところが気に入っています!

写真は、まだまだ勉強中ですが、
より良い写真が撮れるように日夜研究しています!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 槙尾山→清水ノ滝 山行日記 前編:

« ウチの家族 | トップページ | 槙尾山→清水ノ滝 山行日記 後編 »